DIY混じりの水草水槽ブログ。水槽という小さな庭の物語です。
by hamashigi100708
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
水草水槽
DIY
器具
生体
お店、観光
アウトドア
ギター
もらい物
未分類
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
最新のコメント
>38chさん コメン..
by hamashigi100708 at 14:04
ブログでは初めましてです..
by 38ch! at 10:28
>ヨッシーさん 静岡は..
by はましぎ at 19:26
>ぱみゅさん おひさで..
by はましぎ at 19:18
遠路はるばる、「美女と戯..
by ヨッシー at 10:06
はましぎくん ヤッホー♪..
by ぱみゅ at 21:24
>mちゃんくらさん コ..
by はましぎ at 17:27
>ハイテンション双子さん..
by はましぎ at 17:21
>タッターさん 2日目..
by はましぎ at 17:17
>磯自慢さん コメあざ..
by はましぎ at 17:09
メモ帳
タグ
最新の記事
ミスト立ち上げ、大失敗
at 2017-09-16 21:18
静岡の記憶
at 2017-08-13 00:33
BIOヘアーグラスミスト立ち上げ
at 2017-07-02 13:15
60水槽をカラッッッカラに
at 2017-05-14 22:27
フィルターの軸をステンレス化
at 2017-04-29 11:41
外部リンク
記事ランキング
画像一覧

<   2014年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

水草水槽用LED照明のDIY 2




こんにちは、はましぎです。

前回引き伸ばしたLEDのDIY、今回こそ始めます。

まず、このアルミ棒、
c0337613_22495024.jpg
水槽に入るように切ったアルミ板に合うように、アルミ棒を切ります。
そして置いてみます。
c0337613_16235066.jpg
ここにスイッチを入れるので、2.2mmの穴を開けます。
c0337613_16261564.jpg

そして切ります。
c0337613_15572792.jpg
薄く×が付いているところは使いません。ここにスイッチが入ります。
スイッチの幅によって切る幅は違います。
なるべく細長いスイッチを使用してください。

アルミ棒は置いておいて、アルミ棒にLEDテープを張っていきます。
う~ん、既製品、らくちん!
c0337613_16272053.jpg
今は3列張ってありますが、後々光量が足りないことに気がつき、
テープライトを増量することになります。
真ん中の列は赤と青のLEDを交互にしてあります。
c0337613_16314713.jpg
大分すっ飛ばしましたが、切ったアルミ棒にスイッチをネジ止めして、
アルミ棒とアルミ板を接着剤でくっつけて、配線すれば完成です。
半田がないと難しいかも。

四方に開いている穴は、アクリル板で蓋をするためにあけたのもで、
M3のタップを切ってあります。これも専用工具がないと難しいかも。



上から見たところ。
まだアルミ板の白いテープは張ったままです。
c0337613_16482492.jpg

さて、そろそろ光らせたくなってきました。
早速設置する水槽へ乗せてみます!
c0337613_16542517.jpg

お!?

やっちまった・・・・

お分かりでしょうか、見事にガラス蓋設置用オプションパーツ(透明のやつ)にフィットしていません!
引っかかって少し浮いています・・・・
なんてこった・・・設計ミス・・・



しかーし!こんなことで挫折する私ではございません。
あらゆる困難を乗り越えてこそ、本物の水草レイアウターなのです!

ということで

作りました。
c0337613_17012292.jpg
アルミ製オプションパーツ!(左側)

説明しよう。アルミ製オプションパーツとは、材質をアルミにすることにより、
以前のプラスチック製より強度、美しさを兼ね備えた究極のパーツであーる。

1mmのアルミ板を曲げて作ったので、
プラスチック製より、合計で2mmの削減に成功しました。
c0337613_17242383.png

しっかりフィット!
やっと光らせられる・・・

スイッチON!
c0337613_17254959.jpg
うん。分かり辛いので、60cm水槽で点灯してみましょう。
c0337613_17280225.jpg
なんか暗い気がする。
c0337613_17291658.jpg
そうでもないか。

c0337613_17295806.jpg
赤と青のみ。
c0337613_17300354.jpg
すげぇ。


今回、LEDの発熱について触れていませんでしたが、
このLEDライトにも一応放熱対策は施してあります。
c0337613_17343228.jpg
こいつ。

アキバでちょうど12Vでいい感じの大きさのファンが300円で売っていたので
買ってみました。


こいつです。上からの風でアルミ板の熱を放出させます。
c0337613_17481541.jpg
このライトは20分くらい点けっ放しであっちっちになりますが、
このファンを使うと5分くらいで触ることができるくらいの温度に
なります。
このLEDのジャンクシャン温度(壊れやすくなる温度)は70℃と結構低めなので、
放熱はとても大事です。




そういえばさっきスルーしてましたが、これ、
c0337613_17291658.jpg
正直暗いです。
30cm水槽を照らすはずなのに、60cm水槽の半分も
満足に照らせていない!

気泡も確認できず!

これはまずい!




LED照明製作、続きます。(泣)



いつもポチっとありがとうございます!

[PR]
by hamashigi100708 | 2014-10-13 18:04 | DIY | Comments(2)

水草水槽用LED照明のDIY

皆さんこんにちは。はましぎです。初回から1週間もあけてしまった・・・申し訳ない・・

今日は、タイトルの通り30cmキューブ水草水槽用LED照明の作りかたを紹介していきます。
注意:この記事で紹介する内容を実行する時は、全て自己責任でお願いします。

と言いましても、今回なぜ私がLED照明を作り始めたかと言いますと、
高かったからです。学生の私としては死活問題です。
ということで、なるべく安く、簡単に製作していきます。

DIYは楽しいですが、時間をかけているとなかなか水槽を
立ち上げられないので、さっさと作ります。



材料

1mmアルミ板100×300 (水槽にはめ込む形をとるので、100×275くらいに切っておく)
                                          280円

5×10アルミ棒1mくらい  (枠に使用)                          300円
c0337613_22495024.jpg
2mmアクリル板100×300(アルミ板と同じ寸法にしておく。100×275くらい。)    
                                          300円

SMD5050テープライト300LED/5m  ホワイト1.5m分
 72w                  ブルー 10cm分
                      レッド 15cm分                2848円
c0337613_22541431.jpg
ACアダプタ 2.5A 12V (この構成だと最低でも2.5A以上のものを。)    家にあった円

・接着剤                                             500円

ステンレス皿ねじ M3 5mm×4本                             32円

ステンレスなべねじ M2 12mm×6本 及びその周辺パーツ(ナットなど)   100円

アルミテープ         (あるといいかも)                       ー
                                                   
アルミパイプ4mm×2m   (放熱用)                          200円                                                                   
ストロー 4mm                                         100円

CPUグリス                                            500円                                            
                                          以上 5160円!


高いのか安いのか・・・

LED照明としては安いはず・・・ADAのアクアスカイ300とか10000円くらいするし・・・
その半分なら安いはずですよね?

・・・そんなこたぁどうでもいい! 何より大切なのは光量ですもの。
実際に、とにかく明るいことで有名?なADAアクアスカイと全光束で比べてみます。
c0337613_00235455.jpg


ただし、アクアスカイに使用されている素子は公表されていないので、推測値となります。
データは、日亜化学のサイトより抜粋

            使用LED   LED数    全光束(lm)    ワット数

・アクアスカイ300  NFSW157A  30   60×30個=1800  17w

・自作LED       SMD5050 105  20×105個=2100  21w 

30cmキューブで2100lmもあれば十分でしょう。
(約1000~1500lmで、20w型蛍光管と同じ明るさ。
単純計算で30w以上分あるので、1L当たり1Wのノルマ達成)


・・・と、なにやら製品出してきて、考察っぽいの書き始めましたが、
早く作りかた紹介しろよ!と声が聞こえてきそうですが、疲れたので今回はこれにてお別れです。

大丈夫!もっと早く更新するから! 





押していただけると、とっても嬉しいです。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村
[PR]
by hamashigi100708 | 2014-10-13 15:43 | DIY | Comments(0)

はじめまして

はじめまして、はましぎと申します。浜ちゃんとでもはましーとでも呼んでくださいな
さて、こうして水草水槽ブログに手を出した訳ですが、実は私、はましぎは、水草水槽暦1年の初心者です。
ちょうど去年の今頃に初めて水草を買いました。
(その頃は水草に巻いてある鉛をはがさずにそのままダイブさせていたのを鮮明に覚えております。 いやぁ・・・お恥ずかしい・・・)

言い忘れておりましたが、自分、高校生です。そんな人間としても、水草レイアウターとしても未熟な私ですが、
見守っていただければ幸甚でございます。



前置きがずいぶん長くなりましたが、水草水槽暦1年の水槽をお見せします。
       じゃん!
c0337613_16165556.jpg
「・・・トリミングしろ!」  その分元気に育ってる証拠じゃん!ね?
水槽暦1年なんてこんなもんです・・・


~構成~

水槽      60*36*30 (ガラス製)
フィルター   エーハイム500
照明      蛍光灯*3 (10時間点灯)
ヒーター    まさかの50w (本当は150wとか使うべき)
底砂      大磯砂、 田砂 (今は混ざっててんやわんや)
CO2      発酵式 (後日記事書く)
生体      ネオンテトラ
        ヤマトヌマエビ
        ミナミヌマエビ (初期にはもっといろいろいた。その後はお察し)
水草      ヘアーグラス
        パールグラス
        ロタラグリーン (たぶん)
        おくのほそいの (名前分からず購入)

いろいろ試行錯誤してこうなりました。

しかし!このブログでは、この60cm水槽ではなく、

こちら!
c0337613_16154607.jpg
次回からこの30cmキューブ水槽を主に紹介していきます。(高かったよぉ・・・)

今回はここまで!
次回からは、DIYも織り交ぜて紹介していきます(照明作る)
これから、よろしくお願いします!
  にほんブログ村の住人になりました!ポチっとお願いします!にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村
[PR]
by hamashigi100708 | 2014-10-11 21:41 | 水草水槽 | Comments(0)